【ブラウジング:152】楠正憲「不正プログラム判断の混沌:無限アラート事件とCoinhive無罪判決からか考える」『情報処理』v,60, n.6, p.480-482 (2019)

刑法の「不正指令電磁的記録用」の定義に、警察とユーザー、専門家など、利益集団間の理解に齟齬がある。結果として、その反意図性、不正性に関する解釈に利益集団間のバラツキが生じている。

【濫読:558】田中美登里『平成好音一代女』私家版(2019)

著者はFM放送のプロデューサー兼パーソナリティ。その番組は東京FMの「トランス・ワールド・ミュージック・ウェイズ」。その30年間にわたるテーマとそのゲストとのリストが本書の主体。
こんなにコストをかけた書籍のあることを私は知らなかった。脱帽。

【ブラウジング:151】山室信一「世界を駆け巡る言葉」『図書』, n.845, p.58-63 (2019)

「外来語」といえば欧米由来のものと思いがちだが、じつは20世紀の初頭にはアジア由来のもの(ヒンディー語など)が少なくなかった。たとえば、パジャマ、マッサージ、ヴェランダ。なぜか。これを著者は問題視する。

【ブラウジング:150】池上高志ほか「人工知能研究は何をめざすか」『科学』, n.1040, p.371-383 ; n.1041,p.460-469 (2019)

6名の研究者による人工知能の基礎論をめぐる座談会記録。参加者は人工生命、アンドロイド、認知神経科学自然言語処理人工知能、発達認知科学にわたる。
語り口は平易だが、内容はレイパーソンには難解。だが、引用したくなる名台詞(迷台詞?)が目白押し。とくに、擬人法について。

【ブラウジング:149】竹内啓「統計の信頼性とはなにか」『科学』, v.89, n.5, p.436-441 (2019)

統計は事実そのものではなく、客観的事実を表現したデータである。だから、ここには信頼性の保証が不可欠。その信頼性を放置したところに、今回の毎月勤労統計に関する法律違反が生じた。対策としては専門性と独立性の高い組織を設置することしかない。以上が、著者の見立て。ただし、著者の見通しは暗い。

【ブラウジング:148】藤山直樹「壁にぶつかりながら」『Publisher’s Review』、n.73, p.1 (2019)

書評でありながら、精神分析の現状報告とも読める。日本の精神分析家の数は50人にすぎないという。

【ブラウジング:147】片山杜秀「プリンス・オブ・ウェールズ」『図書』n.844, p.28-31 (2019)

  少年武満徹が最初に文明開化に遭遇したのは、太平洋戦争初頭に伝えられた「プリンス・オブ・ウェールズ」撃沈のニュースであった。これが著者の意見。武満と同世代の私にも、そのニュースの響きが残っている。