【ブラウジング:92】 山岡耕春「三・一一後の『地震予知の科学』」『UP』, v.41, n.3, p.44-49 (2012)

三・一一前に出版された地震予知に関する専門書について、その著者の一人が三・一一後に示した自己評価の記事。
 読み手として理解しにくかったことの一つに、「予知」(prediction)という基本的な学術用語があいまいであったということがある。著者によれば、「予知」と「予測」との使い分けについて、専門家のあいだに一致がないという。「「予知」は決定論的に未来の現象を知ること、「予測」は確率的に未来の現象を推測すること」とされている。さらに「予知」すなわち「直前予知」という意見もあるという。