【ブラウジング:134】 佐藤康宏「剽窃指南:日本美術不案内」

 

剽窃を発見するオンライン・システムがあり、学位論文の主査はまずそれを使う。ところが、ある分野の日本語論文については、それがまったく機能しない。ここが付け目か。という話。

『UP』、n.553, p.114-115 (2018)