【ブラウジング:98】 フリーマン・ダイソン(吉成真由美編)「気候変動モデル懐疑論」 

人類が必要とする知識には、科学と物語とがある。前者は実験によって実証できるが、後者はそれができない。この視点でみると、標準理論は科学であるが、ひも理論は物語である。気候変動モデルも物語である。こんな含蓄にとんだ話題がつぎつぎと示される。ただし、インタビュー記事なので、話がとんだりするのが惜しい。
 本論は吉成真由美訳編『人類の未来:人類の未 来―AI、経済、民主主義』NHK出版 (2017) に収録されている。ほかにも、チョムスキーなどがインタビューに答えている。