【ブラウジング:145】船山隆(訳・編)「作曲家の自画像:サティ」

サティからは「健忘症の回想録」と「批評家論」が紹介されている。とくに後者(批評の批評の批評)はみずからの作品を「家具の音楽」と名づけた音楽家の著述とは考えにくい。とにかく饒舌。こんど訳者と会ったときに確かめてみよう。

船山隆(訳・編)「作曲家の自画像:ドビュッシーラヴェル、サティ」『エチュード』、n.7, p.95-100 (1975)より